ショッピングサイトヘ
お問い合わせ

カレンダー

2009 年 5 月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

  • 生活や事業にひそむ人的・物的損害へのリスクマネジメント提案。
    自動車・火災・地震・賠償・傷害、がん・病気・ケガ・相続・年金・介護などの事前対策。

    FP保険コンサルタントが弁護士・医師と同じ様にオウンエージェントとして社会的信頼が
    得られるように、社労士・AFP・損保・生保の保険にかかわる資格を取得。
    公的保険&民間保険をトータルにアドバイス出来るよう活動します。

    「大数の法則」「相互扶助の精神」一人は万人のために、万人はひとりのために
    生活や事業のなかにひそむさまざまなリスクを発見し、安全で豊かな生活や経営
    を保障する最適なリスクマネジメントを提案します。

    FP保険コンサルタントの私がいつも貴方のそばで、自信を持って情報提供・
    保険見直し・相談業務・保全(給付・変更)のお手伝いをいたします。

    ライフプラン近江は (一人一人のライフサイクルにあった提案)
    がん保険:医療保険:終身保険:によるライフプランを提案いたします。

    *特に約款所定の手術約1.000種類の手術を保障・先進医療・七大生活習慣病(がん・心疾患・脳血栓疾患・糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全)・女性特有の病気を手厚く保障できる提案等々。

    ◎生命保険が相続対策として有効な理由は、
    1、現金で受け取れる。(納税資金)
    2、死亡保険金の受取人の指定・受取割合の調整が可能(遺産分割)
    3、生命保険金の非課税の特典がある。(税負担軽減)
    この3点が相続対策に最大限の効力を発揮する。

    ◎承継とは。
    親族へ 従業員へ 第三者へ
    (ヒト、モノ、カネ)
    親族とは6親等3姻族(父母尊属:妻姻族:子孫卑属)
    *胎児は相続についてはすでに生まれたものとみなす。
    ◎何を承継。
    法人:株主の集合体、譲渡又は譲受
    個人:相続、贈与

    ○相続税(遺留分制度)
    2015年1月より法定相続人1当たりの基礎控除額が6000万円から3600万円になります。
    (旧)5000万円+法定相続人1人あたり1000万円
    (新)3000万円+法定相続人1人あたり600万円
    対策として、生前贈与(1人110万円非課税)や生命保険(みなし相続)を利用する。 又、一定の条件を満たせば、住宅購入(1000万円非課税)教育資金向け(1500万円非課税)が利用できる。
    相続財産の課税価格が上記金額の範囲内ならば相続税は課せられない。
    ○贈与税
    原則:年間の基礎控除額 1,100,000円(暦年課税)
    無償で財産を取得した場合の税金で、相続税の補完税。

    生命保険金については、相続税の計算の上では、現行法制度
    によると 法定相続人×5,000,000円までが非課税となり、かつ、
    本来の相続財産には含まれないとの考え方が一般である。
    これは、相続時には多角の資金が必要と考えられるので、あらかじめの
    資金需要とした考え方に基づく。

    お問い合わせはライフプラン近江まで、お願いします。

Produced by MizuhoNet Corporation